HOME

<ご挨拶

 本会は、関東HLA研究会として東海大学名誉教授の猪子英俊先生を中心に2016年に設立されました。その後、日赤中央血液研究所の
中島文明先生が2019年に代表世話人を引き継がれ、日本組織適合性学会の連携団体に見合う組織整備を進められてきました。例年開催されております学術集会では、分野横断的にHLAにかかわる科学的、技術的課題解決に向けて活発な議論が繰り広げられ、様々なバックボーンの方々の最新の研究成果や経験を共有し、意見を交換できる貴重な機会となっております。
 HLAは、様々な疾患病態とのかかわりのみならず、細胞性免疫応答の中心的な役割を担っている点から、ヒトが人として成り立つための中心的なシステムであることは言うまでもありません。本会にはHLAに関する世界的なレベルでの深い見識をお持ちの先生方が参加なさっておられ、若手研究者・技術者の育成に向けて情熱を注いでおられます。自己免疫やアレルギー疾患、がん、感染症、そして移植・細胞療法の分野でHLAの果たす役割は非常に多岐にわたることも分かってきていますが、私たちはまだ多く残る臨床現場での疑問、課題の解明に向けて共に考えていくとともに、その基盤となる最新解析技術の普及と向上を目指す関東地区でのプラットフォームとして、これからも活動を進めていきたいと考えております。
 世話人会を代表致しまして、今後とも会員の皆様とともに本会の発展に向けて仲間の輪を広げていきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。2020年11月

<代表幹事>高橋 聡 東京大学医科学研究所     

最新情報

2023年12月28日
第7回関東HLA研究会学術集会(2024年度)のご案内を掲載しました
2023年12月28日
利益相反に関する規則の改訂版を掲示しました
2023年05月20日
第6回関東HLA研究会学術集会(2023年度)のプログラムをアップデートしました
2023年04月05日
第6回関東HLA研究会学術集会(2023年度)のご案内をアップデートしました
2023年02月25日
第21回近畿地方会のお知らせを掲載しました
2022年12月22日
第6回関東HLA研究会学術集会(2023年度)のご案内を掲載しました
2022年07月20日
第5回東海北陸HLA研究会(2022年度)のお知らせを掲載しました
2022年07月20日
第5回関東HLA研究会学術集会(2022年度)のアンケート結果を掲載しました
2022年07月20日
第5回関東HLA研究会学術集会(2022年度)を開催しました
2022年04月18日
第5回関東HLA研究会学術集会(2022年度)の開催方法の変更について
» 続きを読む

リンク